空き家の片付けに困っているお客様に、プロがお得に片付けられるコツを伝授!?

令和もはじまって1ヶ月が過ぎましたね。。

最初は違和感しかなかったけど

今では「結構いいじゃん!」とミーハーな気持ちでいっぱいのトミーです

 

 

さて今回紹介したいのは、ニュースでも耳にした事があると思いますが

手付かずの空き家が問題になっている。ということ

 

 

何が問題なのか?

 

 

◆ 老朽化による倒壊事故
◆ 放火等により火災
◆ 強風等による屋根落下等
◆ 不審者の侵入や不法滞在
◆ ゴミの放置・投棄による異臭等の発生
◆ 著しい破損や雑草の繁茂等による景観の悪化

などなど。。。

 

 

今や社会問題になっています

 

 

平成25年のデータになりますが

岡山県の空き家率は15.8%らしいです

全国平均が13.5%なのでかなり高い数字ですね。。

 

 

いざ片付けようにも

核家族化で思うように進まないのが現状のようです

 

 

実際、、時間も手間もお金もかかります

道具屋にも県外からよく問合せがあるんですよ

「実家の片付けをしたいけど対応できますか?」と

 

 

 

もちろん片付けのお手伝いはさせていただきます!

道具屋のやり方は「徹底的に分別する」

本当の意味でゴミを出さない

 

ほとんどの物は何とかかんとか再利用できるんです

 

鉄 紙 木

 

全部リサイクルできます

 

古くても作りの良い家具などは買取できますし

仮に買取できなくても海外リユースに回すことも可能

↑ココがリユース・リサイクルショップの強み

 

 

廃棄業者でも作業はもちろん可能です

 

 

違いは…

廃棄(捨てる)するだけの作業か?

再利用を前提とした作業か?です

 

 

結果どちらも片付きますが

リユース・リサイクルショップを利用する場合

不用品がただのゴミではなく

有価物になる可能性があるんです

 

控えめに言って、、お得なんです

道具屋が凄い!という話。。ではなく

リユース・リサイクルショップって凄いんです( ´艸`)

 

 

 

 

 

文字にすると簡単そうなんですが

実際に作業となると

なかなか一般の方では難しいかもしれません

 

 

人手も時間もあればできますが…(*_*;

 

 

ゴミか?商品か?

プロの目で判断し、分別する

最近は昭和レトロブームで古い物も脚光を浴びています

 

不用品をゴミと決めつけず、リユース・リサイクルショップを使い倒しましょ♪

 

 

 

 

空き家を空き家のまま放置しておくと

近隣の方にも迷惑がかかります

 

解体しようにも

中のものを出さないとはじまらないんです

 

 

『所有者不在のまま老朽化した同市玉島中央町の空き家について、

倒壊の危険が迫っているとして、

危害の予防や拡大防止のため必要最小限の措置を講じられる市条例に基づき初の解体撤去作業を始めた。』

 

 

今年の2月に上記のような記事が山陽新聞に載っていました

解体費用の約290万は倉敷市が負担したそうです

 

これは極端な例ではなく

身近な出来事ですし、今後間違いなく増えてくるかと思います

 

早いに越したことはないので

できる事から、できる内に空き家問題に取り組むのが大事かもしれません

 

リユース・リサイクルショップ道具屋でも

もちろん相談は受け付けておりますので

お気軽にご相談ください(‘◇’)ゞ

 

インテリア・デザイナーズ家具 買取りの詳細はこちら

フリーダイヤル 0120-109-441 お問い合わせメールフォーム

このページの先頭へ